アイコン

海外FXに挑戦!!

「毎日、数百円、数千円の自動収入が
欲しい・・・。」

そんなあなたに、
RainbowのSamurai EA!!

Samurai EA の利用者数・・・
34人(現在)
その他のEAは、こちら

海外FXについて解説

FXはみなさんご存知の通り他の国の通貨を買ったり売ったりして利益を出す事です。

1ドル100円のときに買い、1ドル=110円になったら売る→「10円の儲け」この仕組みを利用して利益を出す事をFXといいます。

FXを利用するにはFX取引業者を選び登録して利用する必要があります。大半の方が日本国内で有名なFX取引業者(ブローカー)を通じてFXの取引を行っているはずです。それと同じように海外にもFX取引業者が存在しています。

その国の法律によって取引に関する規制の違いがあります。

国内で取引する方がいいのか、海外で取引する方がいいのか、それぞれにメリット・デメリットがあります。それをわかりやすく解説いたします。

目次

  • 1 海外FXと国内FXの違い
  • 2 海外FXの国内利用者数
  • 3 追証なしの理由とハイレバレッジ
  • 4 安心取引業者と危険取引業
  • 5 知名度があるおすすめの業者
  • 6 これから海外FXを始める方へ
  • 7 使用するソフトはMT4か MT5
  • 8 入出金するために必要な事

海外FXと国内FXの違い

海外FXと国内FXとでは何が違うのか、大きく分けて3つあります。

その1 法律・規制が違う

利用する際の国が違いますのでその国の金融取引に関する法律や規制に沿った取引になります。


例えば国内での規制だと以下3つがあります。

区分管理信託に関する規制

平成22年2月1日より、FX取扱業者が顧客から預かった証拠金の管理方法が、信託銀行等への金銭信託に一本化されました。

ロスカット・ルールに関する規制

平成22年2月1日より、個人顧客とFX取引を行う全てのFX取扱業者に対して、ロスカット・ルールを整備し、遵守することが義務付けられました。

レバレッジに関する規制

平成22年8月1日より、FX取扱業者は、個人顧客とFX取引を行うに当たり、取引金額に対して2%以上、翌平成23年8月1日以降は4%以上の証拠金を預かることが義務付けられました。

このように日本では資産の保全やロストカット・レバレッジなど危険な取引をしないようにルールを敷いています。

海外ではこの資産の保全、ロストカット・レバレッジのルールなどが違ってきますのでしっかりとチェックする必要があります。

その2 金融庁の認可

海外でFX取引を行う事が違法だという記事や情報を見ますが全く違法ではありません。金融庁のHPにも法律に違反しないということが明言されています。

登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

https://www.fsa.go.jp/ordinary/densi/de_003.html

金融庁が海外FX取引業者に警告しているのは事実です。また国内FX利用者に対しても気をつけるようにと警告を出しています。金融庁が警告を出す理由としては以下の事があげられます。

  • 海外なのでトラブルがあった際に対応出来ない
  • 海外の方が規制が緩いので人気が出ると国内FXの需要がなくなる

海外で取引をする際にはメリットもたくさんありますが自己責任で行う必要があります。

その3 追証とレバレッジ

国内と海外の違いで利用者が差を感じる部分が追証とレバレッジです。FXで手持ち金額が少ないと利益を取るのはかなり難しい、ただレバレッジを大きくかけるとそれだけリスクも大きくなり借金、追証が発生してしまう可能性がある。これが国内FXを利用する上での懸念点だと思います。国内でのレバレッジは25倍が最高ですが海外では888倍や1000倍というのも存在します。ポジションを持つのが怖くなりますが、海外では追証が無い取引業者が大半を占めています。もし損益が出た場合、口座の資金が無くなるだけで済みます。これが国内と海外の大きな違いと言えます。

海外FXの国内利用者数

1998年にひまわり証券が初めてFXを導入し利用されてからまだ20年(2018年現在)しか経っていません。FXは日本人に人気があり、FX全トレーダーはおよそ世界で50万人(2013年頃の時点)その中でFX取引を占める日本の比率は57%もあります。約285,000人が日本人FXトレーダーとなっています。それだけ国内では需要のある大きな市場という事です。

現在でも国内利用者が圧倒的ですが、日本人で海外FX取引業者を利用している人はどれくらいいるのでしょうか。

FX業者
XM
2015年 口座開設数
472,055
2016年 口座開設数
974,501
最新口座開設数
100万口座突破
FX業者2015年 口座開設数2016年 口座開設数最新口座開設数
XM472,055974,501100万口座突破

XMの口座開設数は、年々増加傾向にあることがわかります。それだけ海外FXへの需要とニーズが高まりつつあります。

XMとは?

追証なしの理由とハイレバレッジ

追証なし、海外ではこれをゼロカットシステムと呼びます。国内では採用されないこのゼロカットシステムですが海外では一般的です。では何故国内では採用されないのでしょうか?
簡単に言えば損失を被るのはFX取引業者なので単純に「取引会社を守るため」というのが普通の話です。また国内FX業者はOTC取引というノミ取引を採用しています。実際は投資家の注文があっても、インターバンク市場ではその注文通りの売買は行われていません。顧客の注文をFX業者が呑むと言うシステム、DD方式で取引を行っています。この結果かなり安い手数料、スプレッドを提供する事が出来ます。

海外FX取引業者では大半がNDD方式を採用しています。トレーダーの注文をそのままインターバンク市場で実行し、その手数料としてスプレッドをもらう形になります。
国内よりもこの方式の方が手数料は高めです。このNDD方式での利益はトレーダーの注文量に依存します。海外FX取引業者の方が国内業者より注文量増加や利用者の確保にかなり過敏になっています。
(※これが海外の方がボーナス豊富・ハイレバレッジを生み出しています)

会社を守る体質の国内と、損をしてでも追証という怖さを排除し取引量を増やして利益を拡大しようとする会社という考え方の違いになります。
利益拡大のためには海外ではゼロカットシステム導入しハイレバレッジにして取引量を増やしてもらい多くの手数料を払ってくださいという事になります。

安心取引業者と危険取引業者

日本人が良く使う海外FX取引業者としてXMとTitanFXが有名です。実績やトラブル関連から見てもこの2社は安心の取引業者と言えます。
念の為どんな取引業者が危険かも解説していきます。

海外FX業者の注意点

  • 知名度や実績があるかどうか
  • サポート体制はどうか
  • 入出金や取引のトラブル状況

そもそもぽっと出たばかりで実績のない取引業者はとりあえずは取引は見送るべきです。金融庁が警告しているのは確かに国内のFX層が海外に流るのを食い止めたい側面もありますが実際様々な詐欺的な取引業者が多くトラブルが多い面もあります。
海外で取引をするのは自己責任という事を念頭に起きましょう。海外FXでは出金トラブルが最も多いのでちゃんと出金出来ているかどうかSNSなどを見て自分自身で調査するのも大事です。

上記でおすすめした取引業者をSNSなどでチェックして頂いてもトラブル事例はあまりありません。日本語サポートもしておりますので問題が起きてもしっかりと対応してくれます。

取引業者のボーナス状況

ボーナスには新規口座開設ボーナス入金ボーナスがあります。

XM
口座開設ボーナス
3000円
入金ボーナス
上限230万円まで常に実施+随時実施
TitanFX
口座開設ボーナス
なし
入金ボーナス
なし
Gemforex
口座開設ボーナス
20,000円
入金ボーナス
なし
取引業者口座開設ボーナス入金ボーナス
XM3000円上限230万円まで常に実施+随時実施
TitanFXなしなし
Gemforex20,000円なし

ボーナスだけで取引する事も可能です。ただボーナスのお金は出金できませんのでご注意ください。FBSなどは入金ボーナスがすごいのですが、利用条件や出金条件があるので使いづらい傾向になります。
スプレッドが狭く国内並に扱う事が出来るTitanFXですがボーナスはありません。その分スプレッドが狭いという形です。XMに関しては入金金額に応じてのボーナスが多いですし条件もないのでやはり海外FXをするならおすすめです。

知名度があるおすすめの業者

日本人利用者が多く歴史もあり管理人がメインで使っている海外FX取引業者をご紹介します。

日本人利用者が多く知名度がある取引業者

XM(XMTrading)・エックスエム

口座スタンダード
レバレッジ888倍
ゼロカットあり
ドル円平均スプレッド1.6pips
最低取引枚数1,000通貨
日本語対応
ボーナスあり
取引ソフトMT4/MT5
XM(XMTrading)の特徴
  • 運営歴10年。新規口座開設数100万を突破
  • 入金ボーナスやキャンペーンがとにかく豊富
  • 透明性の高いNDD方式採用、取引制限なし
  • 日本語サポートが優秀。日本語チャットで質問できる
  • レバレッジ888倍、追証なし
  • 国内銀行入金、ビットコイン入金対応
  • 初回入金額500円、最低取引枚数10枚からトレード可能
  • 通貨ペア数が豊富、CFD銘柄は業界随一
  • 国内銀行送金・Mybitwallet入金対応。
XM(XMTrading)はこんなトレーダーにおすすめ
  • 本格トレードをしたい
  • 海外FXはした事がない
  • ハイレバレッジトレードがしたい
  • 口座開設後、即時トレードしたい
  • EAなどの自動売買がしたい
XM(XMTrading)の感想

入金なしでも3,000円分がついてくるボーナスに加えて、スプレッド・約定スピード・取引の透明性・運営のサポート体制、どれをとっても高水準で非常に満足できる内容です。NDD方式を採用しているためリクォートスリッページロスカット狩りなども皆無です。日本でもかなり人気があり様々なレビューや口コミもあり、実績のある取引業者なので安心して使えます。
一度出金手続き後、入金が来なかったのですがサポートにメール(日本人で日本語で対応)したらすぐに対応してくれました。運営歴10年もあって日本人利用者が多いのも頷ける感じです。

これから海外FXを始める方へ

まずは1番知名度の高く信頼性があるXMを基にどのようにして始めるのか、イロハを解説していきます。

初めての方はまずデモトレード

いきなりリアルトレードから初めてもいいのですが、FX自体が初めての方はまずはデモトレードからFXのシビアさやソフトの使い方などをまずは学んでみてください。デモトレードなので気軽に始める事が出来ます。国内FXをしていたトレーダーのみなさんは是非一度口座を開設して取引して頂けたらと思います。

FX歴半年以上の方はリアル口座

口座はすぐに開設できます。口座開設までの流れを解説いたします。

上記をクリックすると入力画面が出現します。

  1. 個人情報・取引口座情報を入力

リアル口座の登録1/2と出るので、全て英語のアルファベットのみで記入していきます。

個人情報入力
  • 下のお名前:例)Takuma
  • 姓:例) Sato
  • 居住国:例)Japan リストから選択
  • 希望言語:例)日本語 リストから選択
  • 電話:例)+818012345678 最初の0を省略して入力
  • Eメール:例)xxxxx@gmail.com
取引口座入力

取引プラットフォームタイプ(MT4・MT5)と口座タイプを選択します。

  • 取引プラットフォーム:例)MT4【FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD】
  • 口座タイプ:例)スタンダード(1lot=100,000)

取引プラットフォームにはMT4とMT5があります。

ベーシックなのはMT4のスタンダードです。特別な理由がない限り画像のように選択して頂ければと思います。


口座開設後XMでは追加で口座を30秒で開設出来ます。1アカウントにつき8つまで開設できます。もちろん無料で出来ます。

ですのでスタンダードにしたからといって、違う口座タイプを利用できないということはありませんのでご安心ください。

使用するソフトはMT4か MT5

海外FXの取引業者のほとんどがMT4またはMT5を使ってトレードします。

MT4について

MT4は海外では多くのFX会社に採用され、ない会社を探す方が難しいと言われる程普及しているソフトですが、日本ではあまり普及していません。日本では取引業者が独自のシステムを利用させる方が多い状況です。MT4は機能が豊富で世界で最も多く使用されているFX取引ソフトの1つです。その理由として下記が上げられます。

  • 無料で利用可能
  • 自動売買が可能
  • テクニカル分析などの高機能ツールが豊富
  • デモトレードが利用出来る

世界中のオリジナル指標やEAが使えるのがもっとも魅力な部分で自分好みの取引環境を作る事が出来ます。口座登録されたら下記よりダウンロード可能ですので活用してください。
※MACでも利用できますが文字化けが多々あります。

MT5について

MT4を大幅アップデートしたのがMT5ですがMT4との互換性がないのが問題となっています。まだまだMT4 に比べてカスタムインジケータやEAなどが少ないのが現状です。ただ初めて使う人にとってはMT5から初めてもいいのかもしれません、MT4はいずれ旧版なのでサポートも終了します。カスタムインジケータやEAが少ないだけでMT5も使いやすい素晴らしいソフトです。

  • 1.無料で利用可能
  • 2.自動売買が可能
  • 3.テクニカル分析などの高機能ツールが豊富
  • 4.デモトレードが利用出来る

操作ウィンドウが見やすくなったり、チャートの時間軸が大幅増加し、開発元のアップデートが多くなったなどMT4に比べて大きく変わっています。

入出金するために必要な事

海外FXにおいて入金は出来るけど出金が出来ないなどのトラブルが多いです。出金トラブルを回避するためにはこまめに出金する事あまり大金を引き出さない出金トラブルが少ない業者を選択する事、などがあります。国内FXと比べて信頼度はやはり低いのが実情です。XMは出金トラブルに関して現状ではあまり聞いた事はありません。ただいつどうなるかわからないので、こまめに出金する事をおすすめします。

入金するために必要な事

XMには以下の4つの入金方法があります。

  • 国内銀行送金
  • クレジットカード/デビットカード入金
  • ビットコイン入金
  • bitwallet入金

国内銀行送金では振込手数料がかかりますが、それ以外は入金に関しては手数料は無料です。
最低入金額は、国内銀行送金は10,000円、それ以外は500円からとなっています。

出金するために必要な事

海外FXで出金をするために大変重要な事があります。出金を受付する銀行選びです。そもそも海外送金を受け入れていない銀行があります。メジャーなとこは下記となります。

  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 新生銀行

これらの銀行を受け取り銀行にすると出金できませんのでご注意ください。

私がいつも使っている銀行はソニー銀行です。手数料も安いですし安定して入金を確認出来ています。

XMには以下4つの出金方法があります。

  • クレジットカード/デビットカード(10万円まで)
  • ビットコイン
  • bitwallet
  • 銀行送金

XMは出金方法にかかわらず500円から出金することができますが、銀行送金をつかって出金する際、20,000円以上でないと、XM側でかかる出金手数料も自己負担となります。出金する際は20,000円以上から出金してください。私はだいたい50万円くらいで出金手続きをしています。

銀行送金の着金スピードは2~5営業日となっています。出金してもすぐには着金しないので焦らず待ってください。多いのは5〜7営業日と思っていてください。土日を除いて7日間たっても着金しない場合はサポートへ連絡しましょう。最悪の場合サポート側がすぐに振り込みをしてくれます。(※二重着金があった場合は申告してください)